家は賃貸でいこう!

賃貸を選択する人が増えています

今の時代背景として、結婚しない人が増えていますので、郊外にマンションを買うよりも便利な都心で賃貸に住もうと考える人が多いようです。

昔なら、30歳までに結婚して子供をもうけ、家を持つというのがスタンダードだったと思いますが、現代は独身者が増え、ローンを背負うよりも賃貸でそのときの生活形態やお給料で暮らしたいと考えているように感じます。家賃をおさえて、海外旅行や趣味に投資する人も少なくありません。

生涯雇用が崩壊しそうな日本ではいつどうなるか不明瞭なため、無意識にリスクを回避しているのかもしれませんね。バブル期のような無茶なことをせず、かなり慎重になっていると思います。

家もいろいろ試してカスタマイズする時代なのかもしれませんね。

新しい賃貸の形:「シェアハウス物件」
最近、流行りなのがルームシェアやシェアハウス。

人間関係の希薄さが問題となっている現代、赤の他人どうしが、支えあって生活をしていく、ルームシェアやシェアハウスは、素晴らしい暮らし方のひとつと言えるでしょう。

土日の食事づくりを有志で手分けしてつくるなど、交流イベントなどが行われるタイプの集合住宅もあり、人と人とのつながりも生まれています。

男性の一人暮らしに最適な賃貸住宅

男性の一人暮らしに最適な賃貸住宅とはどんな住宅でしょうか?それは、適度な広さの部屋である、ということです。人によりますが、男性は女性に比べるなら部屋をきれいに掃除したりするのが苦手な人が多いのが現実です。

掃除が得意な人であっても、仕事が忙しい男性ですと掃除や理整頓をする時間がありません、それで、自分が掃除したり手入れできるような広さの部屋の賃貸住宅を探しましょう。

適度な広さの賃貸住宅ですと、部屋をきれいに保つことが出来るだけではなく、暖房費や冷房費の節約にもなります。ぜひ、一人暮らしに最適な物件を住んで生活を満喫しましょう。

ページトップへ戻る

ローン但馬  住宅ローンの保証人の重要性 

copyright©家は賃貸でいこう!.All Rights Reserved.