家は賃貸でいこう!

学生と高齢者がシェアする賃貸

同じ様な年頃の人ばかりが一緒に暮らす賃貸物件とは違って、下宿をする学生と高齢者がシェアする賃貸物件というのもあります。子供を下宿させている親というのは何かと不安なものです。でも、高齢者と一緒であれば安心な部分もあります。

また、高齢者にとっても一人暮らしをしているよりは、若い人達と一緒に生活するという事はとてもいい事でしょう。この様に学生と高齢者が一緒に住む事はお互いにとっていい事が多いのではないでしょうか。

最近ではこの様なタイプの物件も増えている様です。きちんと自分のプライバシーを守る事ができる様に個室も完備されている様ですので、生活に困る事はないでしょう。

賃貸住宅における徒歩何分とは

賃貸住宅を利用しようと思い物件の情報を見ている時、最寄りの駅から徒歩何分という表記を目にすると思いますが、歩くスピードは人それぞれです。具体的にはどのくらいの距離なのでしょうか。

これは不動産の表示に関する規制で、1分当たり80メートルと定められています。また80メートル未満の距離については1分に切り上げるように定められています。

そのほかにも基準が定められていますが、地図で距離を計測したうえで計算しているので、実際に歩いた場合とは誤差がある可能性があります。賃貸住宅を利用する場合は、借りる前に一度歩いてみるのもいいかも知れません。

ページトップへ戻る

ローン但馬  住宅ローンの保証人の重要性 

copyright©家は賃貸でいこう!.All Rights Reserved.