家は賃貸でいこう!

住宅ローンの組み方のポイント

住宅ローンの組み方のポイントとして、できるだけ借り入れ額を少なくすると良いでしょう。

長期ローンになるので借り入れ額が大きいと、完済までの利息総額が非常に高くなってしまいます。金利のタイプは固定よりも変動の方が有効と考える人が多いです。変動金利は将来金利が上昇した場合に負担が大きくなる可能性がありますが、現在の日本の状況では大きな金利の上昇はないと考えられています。

金利が上昇すると予測するのであれば固定金利にすると良いでしょう。住宅ローンの返済方法には元金均等返済と元利均等返済があります。元金の返済額が一定になるか、返済総額が一定になるかの違いがあります。元金が早く減るのは元金均等返済なので、完済を早くしたいときはこちらを選びます。ただし、初期の返済額が高額になるため、審査は厳しくなります。

住宅ローンの3カ月以上の滞納は家を失う事も

住宅ローンは、1カ月の滞納では住宅の差し押さえなどはありませんが、滞納期間が3ヶ月を超えると融資している金融機関は保証会社に対して代位弁済の申請を行います。

申請を受けた保証会社では、代位弁済を申請して来た金融機関に対して住宅ローンの一括弁済をする為、新しい債権者である保証会社から任意売却や競売などの一括返済を迫られる事になります。

競売は、相場よりも2割〜3割安い最低落札価格が設定されてしまう為に債務者にとって非常に損な売却方法なので、債権者と債務者の合意による任意売却で住宅を処分される事もあります。

住宅ローンの種類はたくさんあります

住宅ローンは大きく分けて民間融資融資、公的融資、協調融資の3つの種類に分けることができます。民間融資の銀行住宅ローンにはさまざまな種類のものがあります。

提携ローンというものが有り、これは物件を扱っている不動産会社と金融機関が提携して行っているローンで、手続きが簡単で審査が早いのがメリットです。 公的融資では財形貯蓄を行っている人が借りられるものです。

協調融資は住宅支援機構と民間金融機関との提携で行われている融資で、借り入れ時に決められた金利がずっと変わらないのが魅力です。一定基準に適合した住宅の購入等に利用できます。窓口は民間金融機関になっていて、金融機関によって金利が異なるので注意が必要です。

住宅ローンと抵当権の必要性

住宅ローンの契約時には、予め抵当権を設定しなければならないケースがあり、経験豊かなスタッフから助言を受けながら、万全な対応をとることが重要です。 最近では、抵当権の範囲について、住宅情報誌などで詳しく紹介が行われることが増えてきており、新規の住宅ローンの契約を結ぶにあたり、正しい知識を身に着けることが大切です。

また、住宅ローンの契約時期に関しては、それぞれの生活のスタイルや経済的な能力などによって、大きな違いが出ることがありますが、時にはプロの業者のスタッフと話し合いをすることがとてもおすすめです。

住宅ローンの正しい借入額って一体いくら?

豊岡で住宅ローンを利用する際は、様々な情報をしっかりと調べた上で借入額を決めるようにしましょう。苦しい生活などをせず、余裕を持って返済していくためには「年収の約5倍まで」の借入額が理想的とされています。

これ以上の金額を借りてしまうと返済が難しくなるため、人によっては「利用しなければ良かった」などという後悔に陥ってしまう可能性も極めて高くなります。したがって、住宅ローンを組むのであれば返済可能な金額について事前にシミュレーションし、決して後悔しないような借り入れが行えるように十分注意することが大切です。

住宅ローンの計算式と人生設計

人生の一番大きな買い物が住宅だと言えます。高価ですから、手持ちの現金がある場合はあまりないでしょう。そうなると、住宅ローンを組んで、月々返済してゆくことになります。当然、借入に対する利息の支払いを計算しなければなりません。

住宅ローンの元本と利息をどうやって支払ってゆくかの計算式には、2つの問題があります。 まず利息は複利計算になるのが一般的です。元本と利息の残高に利息がかかると考えていいでしょう。ですから、借り入れた金額に利率と年数をを乗じても、返済総額にはならないのです。

次に2通りの返済方法があります。元利均等方式と元金均等方式です。元金均等方式は初期の利息が多く負担が多いのですが、徐々に負担が減ります。元利均等は、返済額が一定で計画が立てやすいですが、利息を先に支払うイメージですから、元本の減り方が遅くなります。

上手く利用してみたい住宅ローン

結婚して子どもを持ち、家庭を築くなどの上において重大な課題となる事柄として挙げられるものの一つに住宅の購入についての問題が挙げられます。これから一生涯の暮らしを充実させるにおいて、自分の家を持つという事は人生の目標となるようなケースも多くありますが、一方では、ア早くから暮らしのペースを安定させたいという方も多く見受けられます。

大手金融会社などによって取り扱われている住宅ローンを利用することにより、まとまった金額のお金が手元に無くても住宅を購入することが可能となります。将来的な返済にも見通しを立てる事が重要です。

長い目で考えたい住宅ローン

住宅ローンは大手銀行などの金融機関などによって整えられているシステムが多く見受けられます。住宅購入を検討している方、また住まい環境に見直しを考えている方など、設けられている窓口での相談業務も存在しているため、気軽に利用することができます。

申し込みには所定の審査が必要となるものの、返済計画やローン内容に関して、申し込みを行う前の段階から、様々な計画を立てることができます。長期的な資金繰りにも応用させるため、担当者によって幅広い利用の仕方や役立て方が提案されながら、それぞれに無理のない計画が立てられます。

詳しく知りたい住宅ローン

住宅の購入などにおいて、多くの方は住宅ローンを組んだ上で費用を捻出します。長期的な計画として考えられる内容であることから、どのようなシステムとして準備されているか把握しておく事は、非常に重要な事柄でもあります。

ローンの申し込み前には、丁寧な聞き取りや相談が行われるため、どのような方法が自分の状況に適しているのか判断することができると同時に、資料を見比べたり返済に関するシミュレーションを行ったりすることができます。一つのローンに対して複数のプランが用意されていることもあり、それぞれの内容をきちんと見比べたいものです。

幅広く活用したい住宅ローン

住宅を購入するという事は、誰もが一度は目標として描くものでもあります。特に結婚して家族を持った方などの場合、今後の生活や人生設計を立てるにおいても、住宅の購入を検討する上で費用面が気になる時に対策を考えたいという方も多く見受けられます。

手元に必要な資金が無くて悩みを抱える時に検討したいのが、住宅ローンの活用です。大手の金融機関などによって様々なプランが用意されており、自分の目的や状況に応じて、どのような計画を立てるかという内容と共に活用方法を考えることができ、さらなる住宅購入の可能性が広がります。

更新日-2016年8月2日

ページトップへ戻る

ローン但馬  住宅ローンの保証人の重要性 

copyright©家は賃貸でいこう!.All Rights Reserved.