家は賃貸でいこう!

住宅ローンの保証人の重要性

高額な住宅ローンを契約するためには、保証人をつける必要がありますが、具体的な手続きの内容について、担当のスタッフと念入りに相談をすることがとても大事です。

最近では、保証人の責任の範囲について、大手の金融機関の資料などに分かりやすく掲載されることがあるため、日ごろから住宅ローンの契約先を選ぶうえで、じっくりと情報を集めることが大切です。

また、住宅ローンの返済期間の長さに関しては、それぞれの職業や返済能力などによって、大きな違いが見受けられますが、余裕をもって関西を目指すことが重要なポイントとして挙げられます。

住宅ローン控除の申請書類と2年目以降の年末調整

住宅ローン控除は、確定申告の手続きが必要になります。年収3,000万円以下の給与所得者の場合には入居した初年度に確定申告する必要があり、2年目以降は勤務先に年末調整の際に給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書及び年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書を提出します。

しかし、給与所得以外に副業による収入がある人は、毎年確定申告する必要が発生します。住宅ローン控除の申請書類としては、確定申告書と住民票の写し、住宅取得資金に係る借入金の融資額残高証明書、家屋・土地等の登記事項証明書、不動産売買契約書、源泉徴収票が必要です。

住宅ローンの組み直しはお早めに

住宅ローンは、過去にも想像を超えるスピードで金利が上昇した事が何度もありますが、2年〜4年の間に起きる可能性が非常に高くなっています。

2016年11月18日には、償還期間2年や5年などの国債の金利が急激なスピードで上昇した事に対して、衆院財務金融委員会で黒田東彦日銀総裁が国債を無制限に購入する指し値オペを宣言している上に、大手銀行の国債離れも顕著になっているので、国債の長期金利の上昇に伴い通常の融資金利の上昇も容易に想像出来ます。その為、住宅ローンの組み直しを検討している人は、早めに組み直す必要があります。

住宅ローンの最長返済年数は35年

住宅ローンの返済期間は15年以上35年以内の1年単位になっていますが、単独申し込みの場合は完済時の年齢が80歳までの規定があります。その為、80歳から申し込み時の年齢を差し引いた年数と35年の短い年数が最長返済年数となります。

収入合算の場合は、収入合算者の合計年収の50%を超える方の年齢が基準となり、80歳から申し込み者の年齢を差し引いた年数と35年の短い年数が最長返済年数となります。親子リレーの場合は、申し込み者本人の年齢にかかわらず、住宅ローンを継承して返済する方の申し込み時の年齢が基準となります。

住宅ローンの生活保護について

豊岡市においての、生活保護での住宅ローンにつきましては、先ず生活保護者が、初回住宅ローンを組む事はふかのうです。返済能力が無いと判断されてしまうからです。またローンの途中で、そのような状態になってしまった場合については、ローンを継続する事は可能ですが返済が厳しい状況に陥るのは間違いないです。

こういった状況に陥ってしまった方には、極力生活費を抑えて生活していく事がポイントです。また車等の売却品があれば、それらの物を売却し返済金として、お金を入手し返済にあてていき、乗り切っていく事が大切となります。

住宅ローンと債務整理の方法について

債務整理の手続きをスムーズに進めることによって、住宅ローンの審査に備えることが重要な事柄として扱われることがあります。 特に、住宅ローンの審査基準を事前にきちんと確かめておくことによって、忙しい毎日を過ごしている社会人であっても、常に冷静に行動をすることが可能となります。

また、債務整理の状況については、それぞれの経済的な事情に大きく左右されることがありますが、早期に金融機関のスタッフに相談を持ち掛けることが望ましいといえます。 その他、流行りの住宅ローンの使い方を理解することがコツとして挙げられます。

更新日-2016年12月7日

ページトップへ戻る

ローン但馬  住宅ローンの保証人の重要性 

copyright©家は賃貸でいこう!.All Rights Reserved.