家は賃貸でいこう!

TOP 賃貸

コンテンツ一覧

  1. 賃貸の魅力
  2. 家を賃貸して暮らしてみよう
  3. 家族構成やライフスタイルに合わせた多様な賃貸マンション
  4. 女性専用の賃貸物件について
  5. 賃貸マンションの利点について
  6. 日当たりも気になる賃貸
  7. 小動物と暮らせる賃貸
  8. カップルにおすすめの賃貸マンション

賃貸の魅力

賃貸の魅力といえば、都心に住んで気軽に住み替えができるところです。

今よりも駅に近くて、広い間取りに引越したいなと思ったら住み替えできます。

単身なら単身引越しパックを利用すると常に安く引越しできますし、ファミリーでもいつも同じところにお願いしておけば、少し割引がきくかもしれません。

また、転勤などによって違う地域に引越しをしないといけなくなった場合も、単身赴任せずに家族で移動できます。

持ち家の場合は、予算的に郊外のマンションしか買えなかったり、住んでみて環境や家自体が気にらなくても、簡単に引越しすることはできません。余裕があれば別ですが、たいていの場合ローンの返済がありますので、住み続けないといけないのではないでしょうか。

また、結婚して子供ができたら広い家に、子供が成人して独立したら、夫婦でちょうどよい広さのお部屋に引越しできますし、引退したあとに理想の土地で暮らすことができます。海外でシニアライフを満喫しているご夫婦も多いんですよ。

新しい賃貸の形:「サービス付き高齢者向け住宅」
サービス付き高齢者向け住宅とは、住宅の設計や構造に関する基準、入居者へのサービスに関する基準、契約内容に関する基準の三つの基準のそれぞれ一定の要件を満たし、都道府県に登録された住宅である。

この制度の創設により、民間事業者が運営する高齢者向け住宅は、事実上、有料老人ホームと「サービス付き高齢者向け住宅」の、大きく二つにまとめられることになった。

サービス付き高齢者向け住宅が制度化された背景には、高齢化社会の深化による要介護者の増加と単身・夫婦のみの高齢者世帯の増加があげられる。

さらに特別養護老人ホームなどの施設の不足、これまでの高齢者住宅ではサービスが不十分だったこともあげられる。サービス付き高齢者向け住宅の登録基準は設備・サービス・契約においてそれぞれ基準が設けられている。設備に関しては各専用部の面積が原則25m²以上であること、各専用部に台所・水洗便所・収納設備・洗面設備・浴室を備えたものであり、バリアフリー構造が必要である。

サービス面では安否確認と生活相談サービスが必須である。契約に関しては専用部分が明示された契約を書面によって締結することが求められる。契約は長期入院などを理由に事業者からの一方的な解約などを防ぐ内容になっていなければならないとされている。

また、受領できる金銭は敷金・家賃・サービスの対価のみとなっており、権利金等の受け取りは不可となっている。

(出典:Wikipedia)

家を賃貸して暮らしてみよう

家を購入することが当たり前であるかのように考える人がいますが、無理をして購入するのなら、賃貸で済ます選択肢もあっていいでしょう。

マイホームとマイカーを所有することで、まるで自己顕示欲を表している場合もあります。月々のローンの支払いに苦しむくらいなら、資産にならなくても家を借りて暮らせばいいでしょう。オーナーによっては自由に改修しても良いという物件もあります。

ライフスタイルや予算、人生設計に応じて決めることが大切です。全国には、空き家バンクもあります。住みたい場所を絞りながら、こまめに情報収集していると、気に入った物件が見つかるかもしれません。

家族構成やライフスタイルに合わせた多様な賃貸マンション

日本は土地が狭いということもあり、数多くの賃貸マンションやアパートが存在します。

賃貸マンションは色々な種類がありますが一軒家を購入することに比べると手続きが簡単で引越しがしやすいことがメリットです。

ワンルームなどのシングルマンションは学生や単身の方が利用することが多いようです。

ファミリー向けの賃貸マンションは部屋数が多くリビングが広いなどの特徴があります。
家族構成やライフスタイルに合わせた多様な賃貸マンションがあります。

女性専用の賃貸物件について

最近ではさまざまな物件が誕生されていますが、そのなかでも女性専用の賃貸物件があることを知っていますか?この物件に関しては、女性に特化した物件になりますので、キッチンや洗面所などが広かったり、セキュリティを重視しているような点があげられます。

また、物件においても清潔できれいな物件がありますので、人気がある物件としてあげることができます。しかしながら、この物件に関しては男性が禁制であることがあげられますので、しっかりと見極めたうえで契約することが必要になるでしょう。自分に適した賃貸物件を見つけられるといいですね。

賃貸マンションの利点について

賃貸マンションのメリットについては、住まいを購入することと異なり、さまざまな場所へ気軽に引っ越すことが可能となっていることです。自分のライフスタイルに合わせて住み替えができる事は、生きていくなかでの楽しみになることでしょう。

住まいはその時の経済状況に合わせることができますので、身の丈にあった暮らしができることがメリットとしてあげられます。

今後の日本においては、住まいが余ってくることがあげられますので、そのような時代に備えてさまざまな準備をしていくことで、生涯賃貸マンションで過ごすという選択肢もできるでしょう。

気軽に尋ねることができる大阪梅田駅近くの不動産会社

店舗ホームメイト梅田HEP前店
社名有限会社住地不動産
最寄り駅 大阪メトロ(旧:大阪市営地下鉄)御堂筋線 梅田駅
谷町線 東梅田駅
JR大阪環状線 大阪駅
阪急電鉄阪急神戸本線 梅田駅
阪神電気鉄道阪神本線 梅田駅
所在地〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町6-11
サイトURLhttp://www.ju-chi.jp/
営業時間9時30分~20時00分
定休日年中無休

日当たりも気になる賃貸

自宅では日々洗濯をする事になりますので、賃貸を選ぶ際に日当たりが気になります。

賃貸の日当たりによっては、洗濯物の乾きに影響を与える事もあります。賃貸の日当たりが気になるという人は、ベランダの方角を確認してみましょう。

南向きの賃貸であったとしても、前に大きな建物があると、日差しが遮られてしまいますので、周辺の環境についても調べる必要があります。

日当たりがいい賃貸であれば、洗濯物が乾きやすいというだけでなく、心地よく生活する事ができるでしょう。日当たりにこだわりたい人であれば、下見のために物件を訪れた際は、ぜひ自分でベランダに出て、日当たりの状態を確認しておきましょう。

小動物と暮らせる賃貸

昔は、賃貸では小動物の飼育を不可としている物件が多かった様ですが、今では犬や猫であれば飼育できる様になっている物件もあります。小動物を飼育している人は、責任を持って、最後までしっかり面倒をみる必要があります。

新たに賃貸を選ぶ際には、小動物が可能な物件に限定して選ぶ必要があります。

しかし、小動物の飼育は問題ないとしている賃貸であっても、他に動物アレルギーがあったり、動物が苦手な人が暮らしている可能性もあります。そのため、賃貸で小動物と一緒に生活する際には、周囲の人の迷惑にならない様に配慮する必要があります。

小動物と暮らせる賃貸が増えると、物件の選択肢はかなり広がるでしょう。

カップルにおすすめの賃貸マンション

カップルが賃貸マンションを見つける際には、どの様な点に注目するといいでしょうか。少しの期間だけ賃貸マンションで暮らす場合と、長期的に賃貸で暮らす場合を考慮すると事情は異なります。

カップルで長期的に賃貸マンションを利用する場合には、快適性についても考える必要があります。
賃貸マンションで共同生活をしていると、自分だけの時間が欲しいと思う人もいる様です。そのため、お互いに自分の部屋があれば、一人になる事もできます。

また、自分の部屋があると自由に使う事ができますので、ストレスなく暮らす事ができるでしょう。二人で生活するに当たり、できるだけ平等な条件となる様に工夫する事により、不満とならない様にするのもいいでしょう。

メニュー

TOP 賃貸 梅田賃貸 賃貸大阪 大阪賃貸オフィス 賃貸オフィス 住宅ローン

家は賃貸でいこう!についてのお問い合わせはこちらのページへお願いします。賃貸マンションや不動産物件についてのためになる情報をピックアップしております。大阪の賃貸オフィスや住宅ローンに関する情報もご覧下さい。

ページトップへ戻る

   

copyright©家は賃貸でいこう!.All Rights Reserved.