家は賃貸でいこう!

賃貸の魅力

賃貸の魅力といえば、都心に住んで気軽に住み替えができるところです。

今よりも駅に近くて、広い間取りに引越したいなと思ったら住み替えできます。

単身なら単身引越しパックを利用すると常に安く引越しできますし、ファミリーでもいつも同じところにお願いしておけば、少し割引がきくかもしれません。

また、転勤などによって違う地域に引越しをしないといけなくなった場合も、単身赴任せずに家族で移動できます。

持ち家の場合は、予算的に郊外のマンションしか買えなかったり、住んでみて環境や家自体が気にらなくても、簡単に引越しすることはできません。余裕があれば別ですが、たいていの場合ローンの返済がありますので、住み続けないといけないのではないでしょうか。

また、結婚して子供ができたら広い家に、子供が成人して独立したら、夫婦でちょうどよい広さのお部屋に引越しできますし、引退したあとに理想の土地で暮らすことができます。海外でシニアライフを満喫しているご夫婦も多いんですよ。

新しい賃貸の形:「サービス付き高齢者向け住宅」
サービス付き高齢者向け住宅とは、住宅の設計や構造に関する基準、入居者へのサービスに関する基準、契約内容に関する基準の三つの基準のそれぞれ一定の要件を満たし、都道府県に登録された住宅である。

この制度の創設により、民間事業者が運営する高齢者向け住宅は、事実上、有料老人ホームと「サービス付き高齢者向け住宅」の、大きく二つにまとめられることになった。

サービス付き高齢者向け住宅が制度化された背景には、高齢化社会の深化による要介護者の増加と単身・夫婦のみの高齢者世帯の増加があげられる。

さらに特別養護老人ホームなどの施設の不足、これまでの高齢者住宅ではサービスが不十分だったこともあげられる。サービス付き高齢者向け住宅の登録基準は設備・サービス・契約においてそれぞれ基準が設けられている。設備に関しては各専用部の面積が原則25m²以上であること、各専用部に台所・水洗便所・収納設備・洗面設備・浴室を備えたものであり、バリアフリー構造が必要である。

サービス面では安否確認と生活相談サービスが必須である。契約に関しては専用部分が明示された契約を書面によって締結することが求められる。契約は長期入院などを理由に事業者からの一方的な解約などを防ぐ内容になっていなければならないとされている。

また、受領できる金銭は敷金・家賃・サービスの対価のみとなっており、権利金等の受け取りは不可となっている。

(出典:Wikipedia)

家族構成やライフスタイルに合わせた多様な賃貸マンション

日本は土地が狭いということもあり、数多くの賃貸マンションやアパートが存在します。

賃貸マンションは色々な種類がありますが一軒家を購入することに比べると手続きが簡単で引越しがしやすいことがメリットです。

ワンルームなどのシングルマンションは学生や単身の方が利用することが多いようです。

ファミリー向けの賃貸マンションは部屋数が多くリビングが広いなどの特徴があります。
家族構成やライフスタイルに合わせた多様な賃貸マンションがあります。

ページトップへ戻る

ローン但馬  住宅ローンの保証人の重要性 

copyright©家は賃貸でいこう!.All Rights Reserved.